別れた妻と再婚したきっかけの年賀状

2年前に別れた妻から年賀状を貰いました。
別れた原因は性格の不一致でした。
私と妻の間に子供はいなかったので養育費などの連絡は一切取っていませんでした。
なので、本当に唐突な連絡だったんです。
年賀状の中身を見ると特に何かを要求する内容も無いし、何かの報告が書かれているわけでもありませんでした。
少し不思議な気持ちになりましたが、単純に嬉しい気持ちになりました。
年賀状を貰ったので私も妻に年賀状を書きました。

コンビニで購入した少し可愛い感じの年賀状に、年賀状をくれた感謝の気持ちと今の生活状況や仕事の状況などを簡潔に書きました。

その年をきっかけに毎年年賀状を送る仲になりました。
年賀状の他にも何か書きたい事などあった時は手紙のやり取りもしていました。

そのような関係が5年近く続きました。
ある日妻から電話がかかってきました。
年賀状や手紙でのやり取りはしていたんですが電話で話すのは5年ぶりだったので凄く緊張したのを覚えています。

妻の声は変わっていませんでした。
聡明で綺麗な声のままでした。
特に会話の内容はありませんでした。
単純に声を聞きたくなったと言われたんです。

結婚していた時は素直な気持ちを出さない女性だったので驚きました。
それと同時に凄く可愛いなと思ったんです。

そこからは第二の恋みたいな感じになりました。
年賀状というよりもラブレターに近いような年賀状を出したり手紙を出したりしました。

その後、別れてから8年後に再婚しました。
今も凄く幸せです。

あの時妻から年賀状が来なかったら再婚はしていませんでした。
彼女に年賀状の事を聞くと覚えていないと言うんです。

恥ずかしいのか本当に覚えていないのかわかりませんが、私は一生記憶に残っていると思います