弟の縁を復活させた申の年賀状

長年絶縁状態だった弟に年賀状を送った事があります。
絶縁状態になった理由は弟の生活態度があまりにもだらしがなくて、私が愛想を尽かしてしまったんです。
喧嘩別れをしたわけではなく自然な形でフェードアウトしていった形でした。
なので、たまに弟から連絡はあったんです。
しかし、私は無視していました。

元々弟とは凄く仲が良かったんです。
年齢が10歳離れている事もあり喧嘩をした事がありませんでした。
幼い時から凄く私に懐いていたので可愛い弟でした。

そんな弟が堕落した生活をしているのが耐えられませんでした。
弟が何故堕落したのかわかりませんでしたし、理由も知りたくありませんでした。

私にとっては突然の事だったので受け入れる事ができませんでした。
知人からも弟の悪い噂を聞いてうんざりしていました。
毎日朝パチンコ屋に行っているだの、競馬場に入り浸っているだの聞かされると可愛い弟でも汚らわしい生き物に見えてくるんですよね。

弟と疎遠になり3年が経過しました。
絶縁状態でも弟の事を忘れる事はありませんでした。
毎日弟の事を心配している自分に気付いたんです。

このままの関係は嫌だなと思い年賀状を送ろうと思いました。

最初はコンビになどに売っているデザイン付きの物で送ろうとしたんですが少し味気ない気がしたので、自分で一から手作りする事にしました。

申年だったのでサルの絵を描いて私と弟をイメージした人物が手を繋いでいる絵を描いたんです。
あまり絵が上手ではない私にとっては凄く苦痛な時間でした。

でも弟と仲直りしたい一心で描いたんです。

2日間かけて完成させました。
その後弟からも年賀状が来ました。
無事に職に就いていて一生懸命頑張っている事を知り私は泣きました。

あの時勇気を出して年賀状を出して良かったと思います。