手紙に書く字が上手くない

私はサービス業に従事する人間なのですが、暑中見舞いや年賀状など定期的に手書きでリピーターの方々に手紙を送ります。
手書きの方がありがたみがあるということなのですが、いつも私は悩むことがありました。それは、私は字があまり上手ではないということです。
小学生が書いたかのような字で、いつも「こんな字で出していいのか」と自問自答しました。
手書きで上手く字を書ける人はそれがプラスの印象になり得るのでしょうが、逆だとお客様に与える印象はマイナスになってしまうだろうと私は思っています。

そのため、一時期は暑中見舞いや年賀状はネットで注文しするほどでした。
10月の末頃には、毎年年賀状印刷サイトを比べていましたね、

数ヶ月に一回の仕事ではあるのですが、上司に指摘されたのをキッカケにペン字の練習を重ねました。
教材は特に揃えず、パソコンなどの文字を見ながらコツコツと書いていく習慣を身につけた結果、一ヶ月後くらいには大分字の印象が変わりました。
そして字が上手くなると、書くという行為が段々と好きになっていったのです。
これは思わぬ副産物でした。

今では手紙を書くことに抵抗を感じることはなくなりました。